注文住宅に多く見られる基本的な仕様

注文住宅に多く見られる基本的な仕様

注文住宅とは、土地を購入してから、もしくは持っている土地に、自由に設計して建てる一戸建て住宅のことを言います。注文住宅で多く見られる基本的な仕様は、すべてを自分たちで決めるというフルオーダーというもののほかに、基本的に決まっている間取りや設備など決められた範囲から自分たちで選ぶようなセミオーダーという住宅もあります。 フルオーダーは使用する木材や断熱材、窓の種類といったものから、新築に関わるすべての項目について依頼者が指定して計画を立てます。世界に唯一無二の住宅といった点で最大のメリットで自由度が高い反面、建築知識が必要となってきます。 セミオーダーは基本的な仕様があらかじめ決まっており、風呂や洗面台、トレイやキッチンなどの住宅設備の色や外壁の色などを依頼者が決めます。必要に応じて設備のグレードアップやダウンが可能であり、注文住宅を建てる際は、セミオーダーを選択する方は多いです。 どちらもオンリーワンであり、自分たちの理想とする住宅に仕上げた家は、最適な暮らしができるでしょう。

注文住宅の建築でコストダウンを図るなら構造や形状に着目する

自由設計の注文住宅であれば、オーナーさんの希望やニーズにピッタリな、理想の住まいを実現することが可能になります。その反面、家づくりにこだわるほど、何かと建築コストが増えてしまうのも、やはり見逃せない事実。そのため予算に余裕がない方の中には、諦めてしまうケースも見られます。しかし注文住宅は設計の自由度の高さに強みがあるため、予算の範囲内で柔軟に家づくりを進めることもできます。設計の検討段階で上手に工夫さえすれば、理想に近い住まいを手に入れることができるのです。例えば建物の構造をシンプルな総2階てに近い造りにすれば、建物全体の凹凸を減らすことができるため、その分だけ足場の組み立ての資材や、建築で必要な建材や塗料を軽減したり、工程も単純化することが可能になって、職人さんの余計な手配も回避することが期待できます。もちろん結果的には、建築コストのダウンにつながるでしょう。同じような考えで、屋根は片流れまたは切り妻に、また間取りも必要シーンごとに大部屋を仕切って使用するタイプにすれば、やはり大幅なコストダウンが望めるはずです。