注文住宅の快適性を上げる立地の条件

注文住宅の快適性を上げる立地の条件

設計の自由度が高い注文住宅であっても、立地が悪いと快適な生活はできません。その条件を把握して土地探しをすることが重要です。 まず日当たりと風通しのよさが重要です。日当たりが悪いと暗い気持ちになりやすいですし、夏の風お通しの悪い部屋はひどい住環境です。両方をクリアするにはまず高台か傾斜地です。他には隣家との距離が適度に保てるところです。さらに近くに家が少なくなるという意味で角地、特に南側の角地が理想です。 水害に強く、雨の日も庭や道路が快適であることも大切です。それを実現するのも高台か傾斜地の上のほうとなります。注文住宅を設計する時に、水はけがよくなるように要望を出すことも重要です。 ぐっすり眠るため、夜に静になることも欠かせません。それを実現するのは、土地が繁華街や幹線道路の近くではありません。住宅街の中が快適ですから、用途地域などを意識しながら探すのが賢明です。夜に現地へ足を運ぶことも意味があります。

注文住宅を建てる土地の周辺環境を調べる際のポイント

暮らしやすい注文住宅を建てるためには、間取りや内装だけでなく周辺環境も重要です。注文住宅を建てる土地の周辺に、生活に必要な施設があるかどうか調べておきましょう。特に、スーパーやコンビニなどの毎日の買い物をする施設は近くにある方が便利です。銀行などの金融機関や市役所などの公共施設へのアクセスも調べておきます。 周辺の交通環境も調べておきます。電車で通勤・通学するのなら駅まで距離はしっかり確認したいです。ラッシュ時の混雑度合いも通いやすさに関わってくるので、調べておきたいポイントです。駅の周りに商業施設が多いと帰りに寄ることができるので便利になります。車を利用する人は渋滞しがちな場所がないかもチェックしたいです。 子どもがいる方は、周りに子育て環境が整っていることが重要です。子どもがまだ小さいのなら。保育園への送り迎えが便利だと負担が小さく済みます。子どもが遊べる公園や児童館があるか確認しておきましょう。夜道を歩いた時に安心できるかといった治安面もチェックしたいポイントです。